スズキ目 Perciformes
亜目 ネズッポ亜目 Callionymoidei
ネズッポ科 Callionymidae
ネズッポ属 Repomucenus
ネズミゴチ R. richardsonii
学名 Repomucenus richardsonii
(Bleeker, 1854)
英名 Richard's dragonet

ハゼ釣り キス釣り カレイ釣り などで おなじみの <メゴチ>には いくつかの呼び名があります。メゴチ、テンコチ、ノドグサリ、ヌメリゴチ、ガッチョ、ネバリゴチ など 地方によって違いますが、  正式名は<ネズミゴチ> です。

分類上では スズキ目 ネズッポ科に 属しており、 マゴチ、イネゴチ など カサゴ目 コチ科 に属するものとは別種にあたるようです。 

写真のよ 姿形をしており、全身は 大変強い ヌメリに覆われています。 外道で釣れることが多く、唐揚げ や 天ぷらお刺身でも おいしい 魚の割には、 この ヌメリ のせいなのか 敬遠されがちな魚です。

太平洋 日本海 どちらにもいますが、 あまり寒い地方には 居ないようです。 東シナ海、南シナ海、黄海にも分布し、浅瀬 や 内湾 の 砂地が 主な生息場所です。

姿かたちの似ている マゴチ類 は どちらか というと フィッシュイーター で 獲物に飛びかかって 捕食しますが、メゴチ(ネズミゴチ)は 食性は 肉食ですが、ゴカイ類 貝類 エビ・カニ類 など 海底の餌を吸い込んで食べます。

なんとな〜く 「カレイ と ヒラメの違い」 のようですね。

釣具調達はここでできます


mail
Copyright(c) 2009  メゴチ釣りのホームページ All rights reserved.